「大切にされる人」94のヒント 斎藤茂太

「大切にされる人」94のヒント 斎藤茂太

家の本棚を整理していると、気になるタイトルの本が。

知的生き方文庫の
 ”なぜか不思議と人に好かれる「大切にされる人」94のヒント” 
~「かけがえのない人間関係」をつくる会話術・行動術~を読みました。

著者の「斎藤茂太」さんは、斎藤茂吉さんの息子さん。
2006年に90歳で亡くなられていますが、
精神科医で随筆家でいろいろな本を書き残されています。

私も40代後半になって、人生経験だけはそれなりに増え、
いろいろ失敗を重ね、学び、
その上で我が家の主人が購入したであろうこの本を
手に取り読んでみたのですが、
この年になると「うん、うん」と
共感できるところが多く、とても勉強になりました。

仕事の話だと・・・

どんな「簡単な仕事」でもひと工夫できるのが有能社員
「ほめ名人」の言葉の妙技
相手の立場に立てる人の、「ちょっと先を見る」仕事術
何でも効率化人間の致命的な間違い” 
すごい、わかります。

対人の話だと・・・


あなたの「大切にされている度」はここでわかる!
身近な人を大切にしている人は、
逆にどれだけ大切にされているかをはかる
バロメーターになるとの事、なるほど。

何かに「こだわっている人」の不思議な吸引力
継続、こだわりは人を引き付ける魅力が生まれる。

家族の話だと・・・


あ・うんの呼吸でわかってほしい」・・・・・それはムリな注文です
相手との違いを楽しみながら付き合う、
それが相手を大切にしているということ、そうですね。

心配してもらったぶん人の心と体は強くなる
愛情は何よりの栄養、本当にそう思います。

夢の話だと・・・

手の届きそうな夢を追いかけている人の突破力
これは、そうだなと実感。息子を見ていても感じます。

さっと読めるけれど、人生の歩き方のバイブルのような本でした。