埼玉・氷川神社 二の鳥居から三の鳥居 境内参拝

  • 2018.12.25
  • 2019.01.31
  • 更新日:埼玉
埼玉・氷川神社 二の鳥居から三の鳥居 境内参拝

さて、二の鳥居から三の鳥居までさらに歩いていくのですが、
参道には、有名な「氷川だんご」のお店が。「常盤珈琲焙煎所」さんも気になりました。


氷川だんご

常盤珈琲焙煎所 大宮氷川参道店 
明治天皇が行脚された時の絵が壁面にありました。

氷川神社の歴史は古く、 ”社記によると2400年以上前、第5代孝昭天皇の代三年四月未の日の創立”だそうです。調べてみると、 孝昭3年は、紀元前473年ということで、こんなに歴史のある神社だとはびっくり。

西日本出身の私は、関東の歴史については、教科書で習わないので、文明は関西で発達していたと勝手に思い込んでいましたが、そんなことはないんですよね。

三の鳥居
氷川神社の境内案内図

氷川神社の境内案内図です。広大な敷地であることがわかります。 現在の境内地は約3万坪 だそうです。

御祭神は、須佐之男命(すさのおのみこと)、稲田姫命(いなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと) です。

毎年12月10日には氷川神社境内と参道周辺で、十日市(とおかまち)というお祭りが盛大に行われているそうです。 聞くところによると、約1300店の露店が出て10時〜22時まで福を求めて多くの人で賑わうそうです。ただし、参道は、二の鳥居からだそうですのでご注意を。

氷川神社HP↓
http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/news/topics181129.html

新池にかかる橋
楼門
舞殿
本殿

本殿でお参り後、この写真の右手側の神札授与所にて御朱印をいただきました。

初穂料¥500でお菓子付き(飴が二つ入っていました)でした。

こちらの境内には、たくさんの神々がいらっしゃいますので、
時間をかけて、すべての神々をお参りしました。


左:門客人神社(摂社)(もんきゃくじんじんじゃ):ご祭神の御親神
右:御嶽神社 みたけじんじゃ):国土経営の神々
6社
住吉神社→航海の神
神明神社→伊勢の神宮に祀られている皇室の祖先神。太陽神。
山祇神社→大山祇命(おおやまづみのみこと)山の神。諸産業の神。
愛宕神社→迦具土命(かぐつちのみこと) 火を司る神。
雷神社→大雷命(おおいかづちのみこと) 農林業の神。
石上神社→布都御魂命(ふつのみたまのみこと) 神武東征軍を救った刀の神。戦の神。健康の神。
上の神社の神々の説明看板
天津神社(摂社)(あまつじんじゃ):医学薬学の神。恵比須様。
松尾神社(まつおじんじゃ):酒造、水の神。
稲荷神社(いなりじんじゃ):食物の神 。
宗像神社(摂社)(むなかたじんじゃ)→弁天様。

全部回り終わるのに、ゆっくり回ったので1時間くらいはかかったでしょうか。
二の鳥居の手前に、天満神社があったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。お参りは境内に入る前でしたが、きちんとしてきたので、私としてはすべてお参りできたようで、よかったです。