群馬・妙義神社 御朱印

  • 2018.11.04
  • 2019.01.31
  • 更新日:群馬
群馬・妙義神社 御朱印

貫前神社から車11キロ(約20分)先ほどに、妙義神社(みょうぎじんじゃ)があります。この日は、秋祭りをやっていたので、道の駅みょうぎの駐車場に入るのに渋滞していて、かなり時間がかかりました。


妙義神社の最初の大鳥居
総門
たくさんの階段を登って行きます。
まだまだ登ります。
天然記念物の妙義神社の大杉の子孫の碑
ここから右に迂回路があり、健脚でない方は、そちらを登るといいと思います。
階段の上から今まで登ってきた道のりを眺める。(
石段は165段 )
唐門
天井の竜の絵が立派でした。 (国指定重要文化財)

長い階段を登って、ようやく拝殿前に到着。家族の幸せと健康を祈りました。

本殿の裏側にもお参りするところがありました。
お参りが終わり授与所 にて御朱印を最後に頂きました。

御朱印 初穂料¥300


上毛三山の一つである妙義山の東麓に鎮座し、妙義山信仰の中心となっている神社である。江戸時代は関東平野の北西に位置し、江戸の乾(戌亥)天門の鎮めとして、家運永久子孫繁昌を願って歴代の徳川将軍家に深く信仰された。
近年は、たびたび大河ドラマロケ地として使用されている。2005年の「義経」における鞍馬寺2009年の「天地人」における雲洞庵のシーン撮影は、当社で行われた。

引用元:ウィキペディア:妙義神社

別ブログ:旅log2でも紹介しています。